記憶の記録帳

最近は色々な意味で「ただ時間を過ごす」事が多く、有限の時間が記憶に残らないなら記録に残そうと思い立ちスタートしたものです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の境界-未来福音-

2013-10-04
その日の思惑
9月28日に空の境界の新作映画が公開されましたね。
家電周りのバタバタもあり公開劇場も調べてませんでしたが、まぁ空の境界なら結構やる映画館あるだろうと思って余裕こいてました。

しかし、いざ確認してみると近所の映画館でやらない…
万人向けではないにしろ、ストライクウィッチーズやったとこでは上映するだろうと思ってましたが甘かった。最寄の上映映画館までどちらも片道約60キロ…
週末にしようかなーっと思ってましたが、休みの日をそれだけに充てるのはちょっと勿体無い気も。
そこで木曜日なら男性1000円と言うのもあり、勢いで空いてるであろうと思われる方の映画館に行ってきました。

混んではいないだろうと思ってましたが、予想の斜め上を行く状態。
空の境界の鑑賞者は6人だったかな。
おかげさまでほぼ貸切状態という快適な鑑賞となりました。
panf
右上は部屋で帰りを待っててくれたカメムシです………

こほん。

白状すると爆弾魔とネコのとこしか覚えて無かったのである種、新鮮味を持って観れました(苦笑

メインはやはり2人の未来視の物語だと思いますが、そこはとても丁寧に作られてたと思います。
絵も好きな武内絵に近い雰囲気に思えて、個人的にとても良かったです。
そして未那は武内さん理想の娘像だけあって、力の入れ方が尋常じゃない感じがしました。

感想としましては…
未来福音は未来への希望のメッセージ性を感じます。
未来は決まってなんかいない。決めるのは自分だ。
式の娘である未那が登場することも未来の可能性を示してると。
(作品として続くの意味じゃなくて、子供の可能性は無限大っと言う点で)

未来福音の文字を素直に解釈すればそうなるんでしょうし、比較的ストレートに訴えてくる作品だと思います。
来場特典も無事貰えたし、あとで楽しみに読みたいと思います。

BD出たら勿論買います!

コメントの投稿

非公開コメント

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 冷羽 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。