記憶の記録帳

最近は色々な意味で「ただ時間を過ごす」事が多く、有限の時間が記憶に残らないなら記録に残そうと思い立ちスタートしたものです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadで録画番組を見る

2013-10-13
その日の思惑
なんかあまりいいタイトルが思い浮かばなかったのでそのまんまな内容に。

以前にも少し書きましたが、あれからも使ってみて問題ないのでわたしの環境下ではfixしたものと思います。

家庭内配信(動画やファイルなど)でDLNA対応機を集める事は簡単ですが、一番大切なのはやっぱり動作確認済みかどうかですね。
メーカーが動作確認済みならサポートもして貰えるでしょうが、DLNA対応機でも動作未確認の接続は自己責任でと言われるのがオチでしょうし。

わたしの環境のおさらい。
・レコーダー(=DLNAサーバー)
 東芝:DBR-Z310

・無線LAN
 NEC:AtermWR9500N

・タブレット
 Apple:iPad(Retina)

・使用アプリ
 TwonkyBeam(Ver3.4.5-44)
 Dixim(Ver2.1.0)

■接続■
Z310(-有線-)WR9500N(--無線--)iPad

番組はZ310で録画モードAN(いわゆる3倍モード)で録画。
それを持ち出し変換でSD画質(640x360)、レート:1.5Mbpsに変換。

この持ち出し変換したものならTwonkyBeamで視聴できます。
(以前、Diximはダメでしたが、iOS7対応した上記Versionにしたらできた)
SD画質かぁっと思うかもですが、iPadで見る分には全然問題ありません。
音声もバッチリで、ブロックノイズが出る事もほとんどありません。

無線LAN親機はちゃんとしたの買ったお蔭で隣の部屋でも視聴に問題無し。
ちなみにANモードで録画したのは容量の問題です。
Torneでは3倍モードで録って視聴に問題無かったのでそれに倣っての選択です。
Z310は500GBですからね。(もし足りなかったら外付けで足せばいいやと)

DR録画もAVC録画もVR録画も生ではほぼ見れなかったです。
持ち出し変換の画質もHD画質最低の2.4Mbpsでも見れませんでした。
しかし先述したとおりSD画質でも画質良好なので拘らなくてもいいでしょう。

Z310から録画設定を行えば、持ち出し変換まで設定できるので手間としてはひと手間です。
まぁ、このZ310の使い勝手がアレな訳ですけど(苦笑

構築、設定まではたいして難しい事ではないですが、運用に至るまでが手間だった印象ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 冷羽 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。