記憶の記録帳

最近は色々な意味で「ただ時間を過ごす」事が多く、有限の時間が記憶に残らないなら記録に残そうと思い立ちスタートしたものです。

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年に1度の

2013-10-16
その日の思惑
こんばんわ。
台風が過ぎた空とは裏腹にすっきりしない冷羽です。
台風の方は10年に1度みたいでしたね。
うちの周りは「落ち葉がすごい」ぐらいでしたが、仕事先への道中は冠水だったり土砂崩れで通行止めがありました。
うちが暴風圏内の頃は夢の中でしたが、直撃の影響が出たのは台風ではなく…

体調です。

その原因は明々白々。
好きな人は居ないであろろうと思われるバリウム検査です。
初体験の去年はなんとか乗り越えたし、思っていたよりも楽だったので今年も「年1だしまぁいいか」ぐらいな気持ちで受けてきました。

受けた時はやっぱり最初の肩の注射が一番きついなと去年と同じような印象。
(てか、ほんと痛い。1日経っても軽くズキズキ感があるんだけど…)

しかし、今回は時間が経つにつれ体調が変化。
強い倦怠感に頭痛。
定時になったので帰るかと思った頃には、腹痛は想定内だからまだしも、加えて吐き気に悪寒。
帰り道に病院あるので、駆け込むかどうか考えました。
ですが、不思議なもので病院が近くなると症状和らぐんですよねー。
この体調ならばと少し朦朧としつつも自宅まで強硬帰宅。

即・寝。

1時間ちょっと寝たらだいぶ体調は和らいでご飯も食べればました。
食欲があるって事でとりあえず一安心。

お風呂入って温まり、寝るかーっと寝たのですが…
夜中に腹痛で起こされる。

波が去ったあとは寝れましたが、翌朝はなんかぐったりですよ。
検査当日、少し寝不足気味ではありましたが、だからと言ってここまで酷いと来年のがちょっと不安です。
バリウム検査はする側は手軽だけど、受ける側の負荷は大きいですからね。
検査中は我慢、検査後は腹の違和感、そして被ばくの三重苦。

やるなら胃カメラの方がよっぽどいいですね。
検査中に少なからず異物の挿入感はありますが、げっぷを我慢しながら台の上で回るとかの罰ゲームに比べれば。
検査後に少し飲食禁止時間があるくらいですが、下剤に比べれば全然。
精度も胃カメラの方が上と言われてますし。
(そりゃ、胃カメラは実際に見てる訳ですしね)
でも胃カメラは先生が見るし、時間もそれなりに掛かりますから数はこなせませんからね。

コメントの投稿

非公開コメント

Template: akarenga2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 冷羽 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。